【実験】イヤな出来事があった時、イヤな気持ちを引きずらない方法を思いついたのでおすそわけ。

イヤな気持ちを引きずらない方法について。

(注:今すぐ、一刻も早くイヤな気持ちを消す方法が知りたい方は、ページ中ほどから具体的なやり方が書いてあるので、そのタイトルを黄色くしたので、黄色を目がけてスクロールし、そちらへどうぞ)

人は誰しも「イヤな気持ち」になることがある。怒り、悲しみ、ジェラシー、数え上げればキリがない。

そのような不快感を持ってしまう出来事は、人生のいたるところにゴロゴロと、日常的に転がっている。

元気な頃の私は、スーパーポジティブ星人だったのに、うつ病になり、ネガティブマスターになってしまった。イヤなことがあると、いつまでもグズグズくよくよ考えてしまう。

うつ病で、ただでさえ不安な時間が多いのに、イヤな出来事でさらに苦しむのは、もうゴメンって感じである。

私はうつで回らない頭で考える。イヤな出来事から発生する、イヤな気持ちを軽くする方法は無いものかしら。

アレコレ考えて、ひとつの可能性を思いつき、自分で試してみたら意外とイケるので、皆さんにおすそ分けできたら、と思い、その方法を書く。

うつ病の人だけではなく、健康な人にもオススメ。

道具も何も要らないし、最後まで読んでも情報商材は売ってないので、ご安心あれ。

まず前提として、私は、人の脳はコンピュータに似ている、と思っている。

科学的な根拠とかは一切ないが、人の脳はコンピュータみたい、という仮説で話を進める。

私達は毎日毎日いろんな情報を目や耳、匂い、味、手触り、といった五感を使って脳にインストールしている。

皆さんの頭の中は、それぞれにカスタマイズされた、自分専用のオリジナルな内容になっている。

あなたに起こったイヤな出来事は、最近のことならデスクトップに、過去から引きずる出来事なら、過去フォルダに保存されている。

パソコンやスマホで要らないデータを削除するように、「イヤな気持ち」=「頭の中の要らないデータ」をサクッと削除してしまえたらいいのに。

そこまで考えて、ならば削除するイメージを脳に与えてやれば、イヤな気持ちは消えるんじゃないだろうか、と思いついた。

なぜならば脳は、わりといい加減なところがあるからだ。

笑うと脳が反応して様々な物質を放出したりして、身体にプラスの効果をもたらすことは有名な話だが、作り笑顔でも脳は笑った時と同じ反応をするのだという。

表情筋が動いたことがシグナルとして脳に伝わり、脳は本体が笑っていると勘違いし、体のためになる物質をドバドバ出すのである。

つまり脳に誤解させるのは、意外にチョロい、ということである。なので、脳を誤解させて「イヤな気持ち」を削除してしまおう。

ーーーーーーーーーーーーー
★イヤな気持ちを消す方法★
ーーーーーーーーーーーーー

(1)まず目を閉じる。そして頭の中にイヤな出来事を、なるべく詳しく思い浮かべる。
例)ドライブしていたら恐竜に追いかけられてヒドイ目に合った↓

↑説明上、画像が必要なのでコレで行くが、皆さんは今、心の中にあるシリアスなイヤな出来事を思い浮かべて欲しい。

その時、重要なのは、なるべく細部まで鮮やかにクッキリと思い出すこと。イヤなことを言われたのなら、そのシーン、相手のセリフまで、まざまざと思い出す。ココが辛いけど、ちょっとだけがんばってみて。

(2)充分思い出せたら、そのイヤな出来事に重ねて、消去するかどうか聞いてくるイメージを思い描く。

ローディングバーの上には、「消去しますか?」の文字、ローディングバーの下には、「いいえ」「はい」のボタンを想像する。(ローディングバーは「進行中ですよ」っていう時の表示で出るやつね)
(↓こんな感じ)

(3)想像の中で「はい」のボタンをタップする。上の文字が「消去中…」になり、ローディングバーを徐々に進行させるイメージを想像する。
(↓こんな感じ)

【ワンポイント・アドバイス!】

この時、消去したいイヤな出来事が小さなことだったら、ローディングバーの進むスピードをあげて早く、根深いイヤな出来事なら、時間をかけてゆっくり動かすのがポイント。簡単なイヤな出来事はデータも軽いのでサクッと消去できるけど、重い辛い出来事はデータが重いので消去に時間がかかるイメージ。

自分のイヤな気持ちの度合いで、ローディングバーを動かしていこう。

(4)ローディングバーがMAXになったら、

頭の中を真っ黒にして「消去しました」と表示させる。
(↓こんな感じ)

はい、これで、あなたのイヤな気持ちは消去されました。そして目を開ける。これで完了。

ーーーーーーーーーーーーーーー

どうかな? イヤな気持ちはずいぶん軽くなった気がしない? 私はこの方法を繰り返していたら、ずいぶん楽になった。イヤな出来事も、イヤな人も、全部そんなものはポイポーイ、である。

人の脳には許容量があるし、うつ病でさらに容量が減っている私には、イヤなものを置いておくスペースなんか無いのだ。上の方法を何度も繰り返していたら、脳に消去機能が追加されたようで、イヤな気持ちを引きずることが少なくなってきた。

効き目がある人と無い人があるかもしれないが、この方法のコツは、真面目にリアルに想像してみることである。意外と効き目があるから、バカにせずに騙されたと思って、とりあえずやってみて。

イヤな気持ちはサクッと削除ね!